投資関連

外貨預金を詳しく知ろう

今ある資産を少しでも増やすことができたら…と考える人が増えたのは、資産運用が一般の人にも身近なものになってきたからではないでしょうか。やはり少しでも資産が増やせたらいいなと思うのは、誰だって同じだと思います。

そこで今話題になっている外貨預金についてですが、どういったものか詳しく知っているでしょうか。外貨預金とは、その名前のとおり、外貨を預金するというもの。普通は日本にいれば日本の銀行に、日本で使える円として預けておくと思います。でも、最近は日本の銀行に預けておいても、金利がよくない…そんな声も多くなっています。だったら、外貨預金をしてしまって、少しでも資産を増やせれば…という考え方です。日本と外国では金利はもちろん違いますから、日本では低金利であっても、外国では同じ額を預けたとしても、金利が高ければその分自分にとってプラスになってくれます。

とはいえ、為替レートというものがありますから、預けたお金の価値が代わることもあります。もしも預けたときよりも価値が下がっていたら、高い金利を求めて預けたとしても、結局はマイナスとなってしまっている場合もあるのです。ここが難しいところなのですが、銀行で外貨預金について詳しく説明をしてもらえますから、外貨預金が気になる人はメリットもデメリットも納得した上で、外貨預金を始めてください。